看護師の夜勤バイトするならここで探そう!

各社の総合評価早見表

TOP > 夜勤バイトの豆知識 > 夜勤バイトの深夜割増賃金と夜勤手当の違い

夜勤バイトの深夜割増賃金と夜勤手当の違い

深夜から朝の時間帯に仕事をするメリットは、日中に自由に行動できること等が挙げられますが、何よりも嬉しいのは働いたら貰える給料が昼間に働くよりも増える事です。何か目的があってお金を短期間で貯めたい人にとっては、給料が多く貰える夜勤の仕事は魅力的です。ですが、会社によっていわゆる夜勤手当がもらえないことがあるのをご存知でしょうか?つまり、同じ自給で同じ勤務時間で同じ時間帯に仕事をしていても収入が大きく異なる場合もあります。 例えば午後20時から翌午前5時まで自給1000円の仕事が二つあるとします。AさんとBさんがいて、それぞれがどちらかを選んで仕事をしていても貰える給料は大きく違る場合もあるのです。その理由は会社によって夜勤手当を支給しているかいないかにあります。

多くの人が混同しがちなのですが、夜勤手当とは法律で義務付けられているわけではありません。皆さんの中に普段は昼間の時間帯に仕事している人でも、深夜に仕事をした月は貰った給料が通常よりも多かったと方もいらっしゃるでしょう。しかしこれは夜勤手当ではなく深夜割増賃金制度によるものです。労働基準法で働く人の心と体の健康を守るために午後10時以降午前5時までの深夜時間帯での労働(深夜労働)を制限しているのです。そしてこの時間帯に仕事をさせる場合は雇い主は、働く人に通常の自給の25%を上乗せした金額を支払う必要があります。つまり通常の自給が1000円であれば25%を加えた1250円を給料で支払う義務があります。 この深夜割増賃金(深夜手当)と夜勤手当は全く別物になります。ですので、夜勤手当を出している会社と、出していない会社では、同じ自給で同じ時間働いても給料に差が出ます。

夜勤手当と深夜手当を混同しているために、深夜の時間帯に働いて給料を貰う際に自分の給料明細を見て夜勤手当が含まれていないのを見て、おかしい、詐欺だ、この会社ブラックだと不満を抱いてしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし夜勤手当は支払いを義務付けられておらず、あくまで雇用主である会社が、深夜の時間帯に働いてくれた労働者に対する感謝の気持ちを表すものです。そして法律で定められていないことによりその金額も会社によって違います。ある会社では一日の夜勤手当が3000円で、また違う会社では500円の場合もありますので注意が必要です。せっかく心と体に負担がかかる夜勤を行うのであれば、事前にその会社は夜勤手当が出るのか、出る場合はいくら支給されるのかを確認してから仕事したほうが得策です。例えば1日に3000円の夜勤手当の差があるだけで、年間では何十万円の収入の差になってしまいます。

カテゴリー